top of page

MINDWEATHER BLOG

人事労務お役立ちブログ

  • 執筆者の写真シースリーレーヴ

モラハラ・パワハラとは?その定義と境界線を解説

更新日:2023年11月29日


モラハラ・パワハラとは?その定義と境界線を解説

モラハラとは何か?

モラハラの定義と特徴

モラルハラスメント(モラハラ)とは、精神的な虐待や嫌がらせの一形態であり、しばしば個人的な関係や職場で発生します。以下に、モラハラの主な特徴とその定義を紹介します。

モラハラの定義 モラハラは、加害者が被害者に対して、長期間にわたって繰り返される様々な行為や言動によって、被害者の自尊心や心理的な健康に損害を与えることを指します。モラハラはしばしばサイクルとして現れ、加害者は被害者を意図的にコントロールし、恐怖や不安を引き起こすことでパワーを行使します。

モラハラの特徴 モラハラにはいくつかの特徴があります。以下に挙げる特徴は一般的なものであり、個別のケースによって異なる場合もありますが、一般的な傾向を示すものです。

  • 虐待的な言葉や侮辱、威圧的な態度の使用

  • 被害者を孤立させる行動や社会的排除

  • パフォーマンスを故意に妨害する行為

  • 誇張やデマの広め方による名誉や評判の傷つけ

  • 依存関係や弱みにつけ込む行動

モラハラは、被害者の心理的な健康に深刻な影響を与える可能性があります。被害者は、自尊心の低下、不安、うつ状態、睡眠障害、集中力の低下などのさまざまな問題を抱えることがあります。

理解を深めるために、次の項目では「モラハラの心理的影響」について詳しく探求します。


モラハラの心理的影響

モラハラは被害者に深刻な心理的な影響を及ぼす可能性があります。以下に、モラハラの心理的影響について詳しく説明します。

自尊心の低下 モラハラに晒されることで、被害者は自己価値感や自信を失い、自尊心の低下を経験することがあります。加害者からの精神的な攻撃や嫌がらせによって、被害者は自分自身に対して否定的な感情を抱くようになります。

不安と恐怖 モラハラは被害者に対して恐怖心や不安を引き起こすことがあります。加害者からの嫌がらせや脅迫、制約された状況によって、被害者は安全や安心を感じることができなくなります。

睡眠障害とストレス モラハラの影響下にある被害者は、睡眠障害や過度のストレスを抱えることがあります。常に緊張し、加害者からの攻撃や嫌がらせに対する心理的な負担が重くなるため、十分な休息やリラックスができなくなります。

うつ状態と抑うつ感 モラハラの被害者はうつ状態や抑うつ感を経験することがあります。加害者からの持続的な攻撃によって、希望や喜びを感じることが難しくなり、うつ症状が現れることがあります。

モラハラの心理的な影響は個人によって異なりますが、長期間にわたって続くと深刻な問題を引き起こす可能性があります。被害者は、自己の心理的健康を保護するために適切なサポートや専門家の支援を受けることが重要です。


パワハラとは何か?

パワハラの定義と特徴

パワハラの定義 パワハラは、上司や管理職、権力を持つ個人が、職場内で他者に対して意図的に嫌がらせや虐待を行う行為です。パワハラは一般的に、権力の不均衡な関係に基づいて行われ、被害者は加害者との依存関係にある場合があります。

パワハラの特徴 パワハラにはさまざまな特徴がありますが、以下に一般的な特徴をいくつか挙げます。

  • 侮辱や脅迫、恫喝的な態度の使用

  • 仕事上の機会やリソースの制限

  • 公平な評価やフィードバックの欠如

  • タスクの過度な負荷や不合理な要求

  • 社会的な排除や噂の流布

パワハラの被害者は、身体的、心理的な健康への悪影響を経験する可能性があります。長期的なパワハラによって引き起こされるストレスは、うつ症状、不安、睡眠障害、身体的な症状などと関連することがあります。

パワハラの撲滅と予防は、健全な職場環境の構築に重要です。次の項目では、パワハラの組織的要素について探求します。


パワハラの組織的要素

パワーハラスメント(パワハラ)は、個人の行為だけでなく、組織の文化や仕組みにも関連しています。組織的な要素は、パワハラの発生や持続に影響を与える役割を果たす場合があります。以下に、パワハラの組織的要素について詳しく説明します。

パワハラの文化 パワハラの組織的な要素の1つは、組織内の文化です。組織が競争的な環境を促進し、ヒエラルキーに基づいた権力の乱用が許容される文化を持っている場合、パワハラの発生リスクが高まります。組織の文化がパワハラを容認するような信念や価値観を持っている場合、被害者が報告や相談をしにくくなります。

役職の権力と責任 パワハラはしばしば上司や管理職から部下へ向けられる行為です。組織の役職や権力のポジションにいる人々は、その立場からくる権限や責任を乱用する可能性があります。特に、組織内のヒエラルキーが強く、上下関係が厳格な場合、パワハラの発生率が高くなる傾向があります。

不適切な報復文化 パワハラの被害者が報告や告発を行った場合、組織内で報復が起こることがあります。報復が許容され、被害者がさらに損害を受ける恐れがある場合、パワハラが隠蔽されたり、被害者が沈黙を強いられたりすることがあります。不適切な報復文化が存在すると、被害者が声を上げることへの抑制力となります。


モラハラとパワハラの違いと共通点

モラハラとパワハラの違いと共通点

モラハラ(モラルハラスメント)とパワハラ(パワーハラスメント)は、いずれも人間関係における問題であり、被害者に対して精神的な苦痛や損害を与えることがあります。しかし、それぞれには異なる特徴や要素が存在します。違いを知っておくことも、未然に防ぐ第一歩となります。

モラハラとパワハラの違い

権力の有無

モラハラ:権力の有無に関係なく、人間関係や個人同士の相互作用において行われる精神的な虐待や嫌がらせのことを指す。

パワハラ:組織や職場において、権力を行使する者がその権力を乱用して他者に対して嫌がらせや虐待を行う行為のことを指す。

目的

モラハラ:主に被害者を弱体化させ、精神的な苦痛を与えることを目的とする。

パワハラ:権力者が自身の地位や権限を維持・強化するために他者を攻撃することを目的とする。

モラハラとパワハラの共通点

被害者の苦痛

どちらのハラスメントも、被害者に精神的な苦痛やストレスを引き起こす可能性があります。被害者は自己評価の低下、不安、うつ状態などの心理的な影響を受けることがあります。

社会的な影響

モラハラやパワハラは、個人の健康や幸福だけでなく、組織や社会全体にも悪影響を及ぼすことがあります。職場の雰囲気や生産性の低下、従業員の離職率の上昇など、組織の健全性や社会的な関係に悪影響を及ぼす可能性があります。


モラハラとパワハラの境界線の曖昧さ

モラハラ(モラルハラスメント)やパワハラ(パワーハラスメント)を受けていると感じた場合、自身が正当な懸念を抱いているのか、それが実際にハラスメントとしての範疇に入るのか迷うことがあります。境界線を明確にすることで、自己判断を支援するために以下の基準を参考にしてみましょう。

  • 意図的な嫌がらせの有無

モラハラやパワハラは、相手が意図的に精神的な苦痛や嫌がらせを与えようとする行為です。もし相手の言動や行動に明らかな悪意が感じられる場合、それはハラスメントの可能性が高いです。

  • 繰り返しやパターンの存在

単発の不快な出来事よりも、継続的に同じような行為が繰り返される場合、それはモラハラやパワハラの兆候となります。特定のパターンが見られる場合、注意が必要です。

  • 相手の権力や地位の乱用

パワハラの場合、権力者がその権力を乱用して他者に嫌がらせや虐待を行います。もし相手が組織や職位の権限を不当に行使している場合、パワハラの可能性が高まります。

  • 自己評価や精神的な健康への影響

ハラスメントは被害者の自己評価を低下させたり、精神的な健康に悪影響を与える傾向があります。もし相手の行動が自己評価や精神的な健康にマイナスの影響を与えていると感じる場合、それはハラスメントの可能性があります。

ただし、これらの基準はあくまで参考です。モラハラやパワハラを判断する際には、個々の状況や文脈によって解釈が異なることを理解する必要があります。


モラハラとパワハラへの対処法と予防策

モラハラとパワハラへの対処法と予防策

モラハラやパワハラといったハラスメントに直面した場合、適切な対処法を知ることが重要です。また、ハラスメントを予防するための予防策も同様に重要です。以下に、モラハラとパワハラへの対処法と予防策について考えてみましょう。

モラハラ・パワハラへの対処法

自己主張とコミュニケーション ハラスメントを受けた場合は、自分の権利を主張することが重要です。適切なコミュニケーションを通じて問題を解決するために、上司や人事部と話し合ったり、相談を受けることができる信頼できる人に相談したりしましょう。

証拠の収集 ハラスメントの証拠を収集することは重要です。具体的な出来事や日時、関係者の名前などを記録し、メールやメッセージの保存、証言者の確保などを行いましょう。

法的な手続き もしハラスメントが継続的で解決が困難な場合は、法的な手続きを検討することもあります。労働法やハラスメントに関する法律を確認し、必要な場合は弁護士や労働局などの専門家の助言を求めましょう。

モラハラ・パワハラへの予防策

教育と意識の向上 ハラスメント予防のためには、組織内での教育や意識向上活動が重要です。従業員に対してハラスメントの定義や報告手続きについての明確な情報を提供し、ハラスメントの重大性と影響について理解を促しましょう。

適切なポリシーと手順の確立 組織内にはハラスメントに対する明確なポリシーや手順を策定しましょう。従業員がハラスメントに遭遇した場合の報告手続きや処理方法、保護措置などを定めることで、ハラスメントの防止と対応が円滑に行われるようになります。

コミュニケーションとトレーニング ハラスメントの予防にはコミュニケーションと意識の向上が重要です。従業員に対して、ハラスメントの定義や影響について教育し、職場での適切なコミュニケーションや相互尊重の重要性を強調しましょう。また、定期的なトレーニングやワークショップを通じて、従業員がハラスメントを認識し、予防するためのスキルを磨く機会を提供しましょう。

サポート体制の整備 ハラスメントに遭った従業員が適切なサポートを受けられる体制を整えましょう。相談窓口や匿名の報告システム、心理的な支援の提供など、被害者が安心して報告し、支援を受けられる環境を整備します。

リーダーシップの重要性 組織のリーダーはハラスメントの予防において重要な役割を果たします。リーダーは従業員に対してモデルとなる行動を示し、職場文化を築く責任があります。リーダーシップの下での公正な評価やフィードバック、問題の早期解決などを通じて、ハラスメントの予防と職場の健全な環境を促進しましょう。

これらの予防策を組織内に取り入れることで、ハラスメントの発生を減らし、従業員の健康と幸福感を向上させることができます。しかし、重要なのは組織全体の意識と努力です。ハラスメントの予防は単なる方針や手順だけではなく、従業員一人ひとりがその重要性を理解し、共に行動することが不可欠です。組織のリーダーシップとサポートのもと、全従業員が互いを尊重し、安全な職場環境を築くために協力しましょう。

ハラスメントのない職場は、従業員のモチベーションや生産性を向上させるだけでなく、組織の信頼性や魅力を高める要素となります。だからこそ、ハラスメントへの対処と予防に真剣に取り組むことは、組織の長期的な成功と発展につながるのです。

組織全体で意識を高め、ハラスメントに対してゼロトレランスの姿勢を示し、従業員の尊厳と安全を守るための対策を継続的に見直すことで、より健全な職場環境を実現しましょう。


まとめ

モラハラとパワハラは、職場や人間関係において深刻な問題となるハラスメントの一形態です。それぞれの定義や特徴、心理的影響を理解することで、ハラスメントへの対処や予防策を考えることが重要です。

モラハラは、感情的・心理的な虐待や制御、嫌がらせを含むものであり、被害者の心理的健康に大きな影響を与えます。一方、パワハラは権力や地位を利用した威圧や脅迫的な行為であり、組織全体に負の影響を及ぼす可能性があります。

境界線が曖昧な場合もあり、判断が難しいことも事実です。しかし、モラハラやパワハラを判断する際には、行為の頻度・持続性、意図的な傷付けや支配、被害者の権利や尊厳への侵害などを考慮することが重要です。ただし、個々の状況や文脈によって解釈が異なることもありますので、注意が必要です。

ハラスメントへの対処法としては、自己主張と適切なコミュニケーション、証拠の収集、必要に応じて法的手続きを検討することが重要です。また、ハラスメントを予防するためには、適切なポリシーや手順の確立、教育と意識の向上、サポート体制の整備、リーダーシップの重要性などが挙げられます。

ハラスメントのない職場を実現するためには、組織全体での意識と努力が必要です。従業員一人ひとりが互いを尊重し、安全な職場環境を築くために協力しましょう。ハラスメントへの対処と予防に真剣に取り組むことは、組織の健全な成長と成功につながるのです。

もしもあなたがハラスメントを受けていると感じたり、周りでハラスメントを目撃したりした場合は、どんな形でもよいので行動を起こしましょう。

重要なのは、自分の安全と健康を最優先に考えることです。

自己主張ができない場合でも、他の手段を活用して自己保護し、サポートを受けることが重要です。ハラスメントに立ち向かう道は一人で歩む必要はありません。周りの人々や専門家の支援を受けながら、問題に向き合い解決策を見つけることができます。


モラハラを第三者に相談したい場合

会社内に相談窓口がなかったり、会社内で相談しても解決が見込めないという場合には、以下のような第三者に相談をするという方法もあります。

  • 総合労働相談コーナー・労働局など行政機関

各都道府県労働局や全国の労働基準監督署内には、モラハラをはじめとした、解雇、雇い止め、賃金の引き下げ、配置転換、いじめ、パワハラなどの職場のあらゆるトラブルについて相談をすることができる、総合労働相談コーナーが設置されています。労働問題に詳しい専門の相談員による相談を受けることができ、費用は無料となっていますので、ひとりでは解決することが難しい問題については、労働局や労働基準監督署といった行政機関に助けを求めてみるとよいでしょう。

  • 弁護士

会社内でのモラハラによって精神的苦痛を受けた場合には、会社に対して損害賠償請求をすることができる場合があります。弁護士に相談をすることによって、モラハラの解決に必要となるアドバイスをしてもらえるだけでなく、労働者の代理人として、会社と交渉をすることも可能です。



離職率を下げるならマインドウェザー


マインドウェザー

マインドウェザーは、LINEを通じて従業員のコンディション変化を把握し、離職率の低下と従業員の定着率の向上をサポートします。従業員の気持ちやエンゲージメントを天気で表現し、職場の不満やストレスを可視化することで、改善策を見つけ出すことができます。

このツールの特徴としては、簡単な導入と高い返答率が挙げられます。メールアドレスが不要で、社員番号と生年月日の入力だけで導入が可能です。また、週一の質問や上司のフォローアップ機能など、従業員の声に敏感に反応し、早期に問題を解決する仕組みが整っています。

さらに、匿名での意見投稿やコミュニティ運用も行われており、従業員同士の情報交換やサポート体制の構築により、組織全体の離職率低下に向けた取り組みが行われます。

マインドウェザーは、組織の離職率低下と従業員の定着率向上を実現するための有力なツールです。ぜひ、マインドウェザーを導入し、従業員の声を聴き、職場環境の改善に取り組んでみてください。組織と従業員の共に成長し、持続的な成功を達成するために、マインドウェザーが離職率低下のお手伝いを致します。

料金と導入から開始までの流れ

料金は基本料金プラス必要なオプション費のシンプル! 今なら1ヶ月無料お試しもできます


マインドウェザー料金プラン

開始まで約1週間!すぐに始められます。

マインドウェザー導入ステップ

マインドウェザーお問い合わせ

マインドウェザー資料ダウンロード


離職防止にはマインドウェザー

logo_edited.png

社員の離職リスクを見える化し、
離職率低下できるサービスです。

MIND WEATHER TOP 1.png
bottom of page