top of page

MINDWEATHER BLOG

人事労務お役立ちブログ

  • 執筆者の写真シースリーレーヴ

職場でのサイレントモラハラとは? 具体的な事例と対応策を徹底解説!

更新日:2023年12月28日




1. 急増する職場でのモラハラ

近年、職場でのハラスメント問題が社会的に大きな注目を集めています。中でも「モラルハラスメント」、略して「モラハラ」という言葉は、多くの方が一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、この中に「サイレントモラハラ」という、より悪質で、かつ、気づきにくい形態のモラハラが存在します。

サイレントモラハラとは、文字通り「無言のモラハラ」を指します。具体的には、言葉を交わさず、行動や態度で相手を精神的に追い込む行為を指します。そのため、被害者は自分がモラハラの対象となっていることに気づきにくいのが特徴です。

この記事では、そんなサイレントモラハラの実態、具体的な事例、そして適切な対応策について詳しく解説していきます。モラハラ被害を未然に防ぐための情報として、また、すでに被害を受けている方のための手助けとして、ぜひとも参考にしてください。


2. サイレントモラハラとは?

モラハラとは、モラルハラスメントの略で、精神的な暴力や嫌がらせを指します。「サイレントモラハラ」とは、具体的には「無言の嫌がらせ」や「無視」といった行為を指します。つまり、言葉や声を直接かけず、態度や無言のプレッシャーで相手を精神的に追い込む行為のことを言います。

サイレントモラハラは、他のモラハラと比べても特に被害者がその行為を意識しにくいのが特徴です。具体的には、無言での無視や、目を合わせない、意図的に情報を共有しないなど、細かな行為が積み重なることで被害者は孤立感や劣等感を感じるようになります。

このサイレントモラハラの危険性は、被害者自身が「自分は過敏になっているのでは?」と誤解し、問題を内在化してしまう点にあります。そのため、正確な定義とその特徴を理解することが、この問題に立ち向かう第一歩となります。


3. 職場でのサイレントモラハラの実態

サイレントモラハラが職場で問題となる背景には、複数の要因が考えられます。まず、職場は多くの人々が集まる場所であり、様々な価値観や性格がぶつかり合います。その中で、コミュニケーションの難しさやストレスが生じることは避けられません。

近年、ワークスタイルの多様化やテレワークの普及に伴い、直接的なコミュニケーションが減少していることも、サイレントモラハラの増加の一因となっています。間接的なコミュニケーションが増える中で、誤解や勘違いが生じやすくなり、それが無言の嫌がらせへと繋がることも少なくありません。

また、職場のヒエラルキーや組織文化、リーダーシップの有無なども、サイレントモラハラの発生に影響を与える要因として挙げられます。特に、上下関係が厳格である職場や、コミュニケーションの機会が少ない職場では、サイレントモラハラのリスクが高まると言われています。

このように、職場の環境や文化、組織の特性などが、サイレントモラハラの実態と深く関連しています。この問題を解決するためには、組織全体での取り組みが不可欠となります。



4. サイレントモラハラの具体的な事例

サイレントモラハラの具体的な事例を知ることで、その実態をより深く理解する手助けとなります。以下は、実際の職場で報告されているサイレントモラハラの一例です。

  1. 情報の非共有

    • 重要な会議やプロジェクトに関する情報を、特定のメンバーだけから意図的に隠す行為。

    • この結果、被害者は仕事の進行や判断に必要な情報を得られず、孤立感を感じることがある。


  1. 無視や避ける態度

    • 被害者にだけ目を合わせない、話しかけない、返事をしないなど、意図的に無視する行為。

    • これにより、被害者は自己否定感や不安を感じるようになる。


  1. 間接的な批判

    • 被害者がいる場所で、彼らの仕事や能力について間接的に批判的な話をする行為。

    • 直接的な批判ではないため、被害者は自分の立場を守るのが難しい。


  1. 集団での排除

    • 職場の食事や飲み会、イベントなどで、被害者だけを意図的に除外する行為。

    • 被害者はこれにより、職場での孤立感を強く感じることとなる。


  1. 非公式のグループチャットの除外

    • 職場の同僚間で作成された非公式のグループチャットやSNSグループから、被害者だけを意図的に除外する行為。

    • この結果、重要な情報や職場の雰囲気を知る機会が失われ、被害者は孤立感を感じる。


  1. 労働環境の意図的な悪化

    • 被害者の席の近くでの大声での会話、業務に必要な道具や資料を隠す、コンピュータの設定を変えるなど、被害者の労働環境を意図的に悪化させる行為。

    • これにより、被害者は業務効率が低下し、ストレスを感じるようになる。


  1. 成果の故意的な無視や過小評価

    • 被害者が努力して達成した成果や貢献を、意図的に無視するか、過小評価する行為。

    • これにより、被害者は努力が報われないと感じ、自己評価が低下する可能性がある。


  1. 間接的な噂の拡散

    • 被害者に関する真実ではない、または誇張された噂を意図的に拡散する行為。

    • 被害者は自分の評判が悪化することを恐れ、職場での信頼関係の構築が難しくなる。


以上のように、サイレントモラハラは様々な形で現れ、その度に被害者の心理的な健康や業務効率に影響を及ぼすことが考えられます。これらの具体的な事例を理解することで、職場でのサイレントモラハラの兆候を早期に察知し、適切な対応を取ることができるようになります。


5. サイレントモラハラの対処法

サイレントモラハラに直面した際、どのように対応すれば良いのか迷うこともあるかと思います。以下に、被害を最小限にするための対処法をいくつかご紹介します。

  1. 気持ちを整理する

    • 不快な出来事や感じたストレスは、日記やメモに書き留めてみましょう。それにより、何が問題であるのか明確になり、自分の感情も整理できます。


  1. 信頼できる人に話す

    • 職場の友人や家族など、信じて話せる人に自分の状況を伝えてみましょう。異なる視点や意見が得られることで、新たな解決策が見えてくるかもしれません。


  1. 上司や人事に相談する

    • ひとりで悩むより、上司や人事部門に状況を話し、アドバイスやサポートを受けることを検討してみてください。


  1. 外部の専門家に助けを求める

    • 職場内での対応が難しい場合や、心のケアが必要な場合は、専門家やカウンセラーに相談するのも良い選択です。


  1. コミュニケーションスキルを身につける

    • 自分の考えや気持ちをしっかりと伝えるためのスキルを学ぶことで、誤解を防ぐことができます。


  1. 心のケアを大切に

    • サイレントモラハラの影響は精神的なものが大きいため、定期的にリラックスしたり、自分の好きなことをする時間を持つことが大切です。



6. まとめ

サイレントモラハラは、職場の様々な場面で潜在的に存在する問題です。この記事を通じて、その実態や具体的な事例、そして対処法について理解を深めることができたことを願っています。

重要なのは、サイレントモラハラが個人の問題だけでなく、組織全体の問題であると捉えること。組織としての意識改革や研修、そして個人としての自己認識の強化やコミュニケーションスキルの向上が、サイレントモラハラを未然に防ぐ鍵となります。

サイレントモラハラの被害に遭った方、またはそれを予防したい方は、今回紹介した対処法を参考にして、より良い職場環境の実現を目指してください。



離職率を下げるならマインドウェザー


マインドウェザー

マインドウェザーは、LINEを通じて従業員のコンディション変化を把握し、離職率の低下と従業員の定着率の向上をサポートします。従業員の気持ちやエンゲージメントを天気で表現し、職場の不満やストレスを可視化することで、改善策を見つけ出すことができます。

このツールの特徴としては、簡単な導入と高い返答率が挙げられます。メールアドレスが不要で、社員番号と生年月日の入力だけで導入が可能です。また、週一の質問や上司のフォローアップ機能など、従業員の声に敏感に反応し、早期に問題を解決する仕組みが整っています。

さらに、匿名での意見投稿やコミュニティ運用も行われており、従業員同士の情報交換やサポート体制の構築により、組織全体の離職率低下に向けた取り組みが行われます。

マインドウェザーは、組織の離職率低下と従業員の定着率向上を実現するための有力なツールです。ぜひ、マインドウェザーを導入し、従業員の声を聴き、職場環境の改善に取り組んでみてください。組織と従業員の共に成長し、持続的な成功を達成するために、マインドウェザーが離職率低下のお手伝いを致します。

料金と導入から開始までの流れ

料金は基本料金プラス必要なオプション費のシンプル! 今なら1ヶ月無料お試しもできます


マインドウェザー料金プラン

開始まで約1週間!すぐに始められます。

マインドウェザー導入ステップ

マインドウェザーお問い合わせ

マインドウェザー資料ダウンロード


Comments


離職防止にはマインドウェザー

logo_edited.png

社員の離職リスクを見える化し、
離職率低下できるサービスです。

MIND WEATHER TOP 1.png
bottom of page