top of page

MINDWEATHER BLOG

人事労務お役立ちブログ

  • 執筆者の写真シースリーレーヴ

就活に役立つ!離職率の調べ方


就活に役立つ!離職率の調べ方


はじめに

就職活動において、企業の離職率を調べることは重要なポイントです。離職率が高い企業に入社すると、自分も早期退職してしまうリスクが高まります。

離職率とは、ある一定期間内に退職した従業員の割合を表す指標です。一般的には、1年間の離職者数をその年の1月1日時点の従業員数で割って計算します。

離職率が高いと、企業の業績や社員の士気に悪影響を及ぼす可能性があります。また、新卒社員の離職率が高いと、採用コストや教育コストの無駄にもなります。

そのため、就職活動では、企業の離職率を調べて、自分が働きたいと思う企業かどうかを判断することが大切です。

本記事では、就活に役立つ離職率の調べ方について解説します。


ポイント

  • 離職率は、企業の業績や社員の士気に悪影響を及ぼす可能性があります。

  • 新卒社員の離職率が高いと、採用コストや教育コストの無駄にもなります。

  • 就職活動では、企業の離職率を調べて、自分が働きたいと思う企業かどうかを判断することが大切です。



離職率とは

離職率とは、ある一定期間内に退職した従業員の割合を表す指標です。一般的には、1年間の離職者数をその年の1月1日時点の従業員数で割って計算します。


離職率は、企業の働きやすさや魅力を示す指標の一つです。離職率が高い企業は、従業員が働きにくいと感じている可能性があり、早期退職のリスクが高まります。

離職率が高いと、以下のデメリットがあります。


  • 企業の業績や社員の士気に悪影響を及ぼす可能性がある

  • 採用コストや教育コストの無駄になる可能性がある

  • 企業のブランドイメージが低下する可能性がある


離職率を低下させるためには、離職の原因を把握し、対策を講じることが重要です。離職の原因としては、以下のようなものが挙げられます。


  • 給与や待遇が悪い

  • 残業や休日出勤が多い

  • 人間関係が悪い

  • 仕事内容が単調

  • キャリアアップの機会がない


企業は、離職率を把握し、離職の原因を分析することで、離職率の低下と従業員の働きやすさの向上につなげることができます。




 

ポイント

  • 離職率は、企業の働きやすさや魅力を示す指標の一つです。

  • 離職率が高いと、企業の業績や社員の士気に悪影響を及ぼす可能性がある。

  • 離職率を低下させるためには、離職の原因を把握し、対策を講じることが重要です。


別記事で離職率の計算方法を詳しく解説しておりますので、そちらもご参照ください。

離職率の計算方法











 



離職率の調べ方

離職率は、企業の公式ホームページや有価証券報告書、帝国データバンクなどの情報サービスなどで調べることができます。


企業HPを確認する

多くの企業では、公式ホームページに離職率に関する情報を掲載しています。ただし、非公開にしている企業も多いので、必ずしもすべての企業で確認できるわけではありません。

離職率に関する情報を掲載している企業の場合、以下のページで確認することができます。

  • 採用情報ページ

  • IR情報ページ

  • 社員の声やインタビューページ


応募企業の人事担当者に直接聞く

面接や説明会などで、応募企業の人事担当者に直接離職率を聞くのも一つの方法です。ただし、ストレートに質問すると失礼にあたる可能性もあるので、タイミングや言い方には注意しましょう。

離職率に関する質問をする場合、以下の例のように聞くとよいでしょう。

御社の離職率はどのくらいですか? 御社で働く社員の離職率が高い理由は何だと思いますか?

口コミサイトを活用する

口コミサイトやSNSでは、実際に働いている社員や退職した社員の声が掲載されています。離職率に関する口コミを見つけることができれば、ある程度の参考にすることができます。

口コミサイトやSNSで離職率に関する情報を調べる場合、以下の点に注意しましょう。

  • 口コミの信憑性を確認する

  • 最新の口コミを参考にする


転職エージェントを活用する

転職エージェントは、企業の離職率などの情報を保有しています。また、企業の採用担当者と直接やり取りできるので、離職率に関する質問を直接することも可能です。

転職エージェントを活用して離職率に関する情報を調べる場合、以下の点に注意しましょう。

  • 複数の転職エージェントに相談する

  • 信頼できる転職エージェントを選ぶ


 

ポイント

  • 離職率は、企業の公式ホームページや有価証券報告書、帝国データバンクなどの情報サービスなどで調べることができる。

  • 離職率に関する質問をする場合は、タイミングや言い方には注意する。

  • 口コミサイトやSNSで離職率に関する情報を調べる場合は、信憑性を確認して、最新の口コミを参考にする。

  • 転職エージェントを活用する場合は、複数の転職エージェントに相談して、信頼できる転職エージェントを選ぶ。


 

離職率を調べる際の注意点

離職率を調べる際は、以下の点に注意しましょう。


算出方法を確認する

離職率は、算出方法によって数値が異なる場合があります。算出方法を確認し、比較対象となる企業と同一の算出方法で調べるようにしましょう。


一般的に、離職率の算出方法は以下の2つがあります。

  • 1年間の離職者数をその年の1月1日時点の従業員数で割る

この算出方法は、最も一般的な算出方法です。ただし、1年間の離職率は、景気や業界動向などの影響を受けやすいというデメリットがあります。

  • 3年間の離職者数を3年前の1月1日時点の従業員数で割る

この算出方法は、1年間の離職率の短期的な変動を抑えることができます。ただし、3年間という期間は長すぎるため、最新の離職状況を把握できないというデメリットがあります。


期間を確認する

離職率は、1年間や3年間、5年間など、期間によって異なる場合があります。長期的な離職率を調べることで、より正確な判断をすることができます。

ただし、長期的な離職率は、就職活動のタイミングによっては、情報が古くなっている可能性があります。そのため、最新の離職率も併せて確認するようにしましょう。

  • 業界や規模を考慮する

業界や規模によって、離職率の相場は異なります。例えば、IT業界や製造業は、新卒者の離職率が高い傾向があります。一方、金融業界や官公庁は、新卒者の離職率が低い傾向があります。

そのため、業界や規模を考慮して、離職率を判断するようにしましょう。


 

ポイント

  • 離職率を調べる際は、算出方法や期間、業界や規模を考慮して、正確な判断をすることが重要である。

また、離職率を調べる際は、以下の点も確認するとよいでしょう。

  • 離職者の属性

離職者の属性を確認することで、離職の原因をより具体的に把握することができます。例えば、新卒者や中途採用者、男性や女性、管理職や一般職などの属性を確認するとよいでしょう。

  • 離職者の退職理由

離職者の退職理由を確認することで、離職の原因をより深く理解することができます。例えば、給与や待遇、仕事内容、人間関係、キャリアアップなどの退職理由を確認するとよいでしょう。


これらの点に注意して離職率を調べることで、より正確な判断をすることができます。


 


離職率が高い企業の特徴

離職率が高い企業には、以下の特徴があります。


給与や待遇が悪い

給与や待遇が悪いと、社員のモチベーションが下がり、離職のリスクが高まります。


残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤が多いと、社員のワークライフバランスが崩れ、離職のリスクが高まります。


人間関係が悪い

人間関係が悪いと、社員のストレスや不満が高まり、離職のリスクが高まります。


仕事内容が単調

仕事内容が単調だと、社員の成長ややりがいが感じられなくなり、離職のリスクが高まります。


キャリアアップの機会がない

キャリアアップの機会がないと、社員のモチベーションが下がり、離職のリスクが高まります。


これらの特徴は、離職の原因としてよく挙げられるものです。離職率が高い企業に就職すると、早期退職のリスクが高まるため、注意が必要です。


 

ポイント

  • 離職率が高い企業は、給与や待遇が悪い、残業や休日出勤が多い、人間関係が悪い、仕事内容が単調、キャリアアップの機会がないなどの特徴がある。

  • 離職率が高い企業に就職すると、早期退職のリスクが高まるため、注意が必要である。


 

離職率を低下させるための対策

離職率を低下させるためには、以下の対策を講じることが重要です。


給与や待遇の改善

給与や待遇を改善することで、社員のモチベーションを高め、離職のリスクを下げることができます。

給与や待遇の改善には、以下の方法があります。

  • 基本給の引き上げ

  • 賞与の増額

  • 福利厚生の充実

  • 退職金制度の改善

基本給や賞与の引き上げは、社員の収入を増やし、生活の安定につながります。福利厚生の充実や退職金制度の改善は、社員の将来への安心感を高めることができます。


残業や休日出勤の削減

残業や休日出勤を削減することで、社員のワークライフバランスを改善し、離職のリスクを下げることができます。

残業や休日出勤を削減するためには、以下の方法があります。

  • 業務の効率化

  • 人員の増員

  • 働き方改革の推進


業務の効率化や人員の増員は、残業や休日出勤の原因となる業務量を減らすことができます。働き方改革の推進は、残業や休日出勤を減らすための意識改革や制度の整備に取り組むことです。


人間関係の改善

人間関係を改善することで、社員のストレスや不満を減らし、離職のリスクを下げることができます。

人間関係を改善するためには、以下の方法があります。

  • 上司と部下、同僚のコミュニケーションの活性化

  • ハラスメントの防止対策の強化

  • 職場環境の改善


上司と部下、同僚のコミュニケーションを活性化することで、お互いの理解を深め、信頼関係を築くことができます。ハラスメントの防止対策の強化は、職場でのストレスや不満を減らすことにつながります。職場環境の改善は、社員が気持ちよく働ける環境を整えることです。


仕事内容の充実

仕事内容を充実させることで、社員の成長ややりがいを向上させ、離職のリスクを下げることができます。

仕事内容を充実させるためには、以下の方法があります。

  • 社員のスキルやキャリアアップに応じた仕事の割り振り

  • 社員の意見や提案を積極的に反映する

  • 新しい仕事やプロジェクトの機会の提供


社員のスキルやキャリアアップに応じた仕事の割り振りは、社員の成長につながります。社員の意見や提案を積極的に反映することで、社員のモチベーションを高めることができます。新しい仕事やプロジェクトの機会の提供は、社員のチャレンジ精神を刺激し、やりがいを向上させることができます。


キャリアアップの機会の提供

キャリアアップの機会を提供することで、社員のモチベーションを高め、離職のリスクを下げることができます。

キャリアアップの機会の提供には、以下の方法があります。

  • 社内教育・研修の充実

  • ジョブローテーションや異動の機会の提供

  • 昇進や昇格の機会の提供


社内教育・研修の充実は、社員のスキルアップにつながります。ジョブローテーションや異動の機会の提供は、社員の視野を広げ、新たなスキルを身につける機会を与えることができます。昇進や昇格の機会の提供は、社員のモチベーションを高め、キャリアアップへの意欲を向上させることができます。

これらの対策を講じることで、離職率の低下と従業員の働きやすさの向上につなげることができます。


具体的な事例

離職率を低下させるための対策を講じた企業の事例をいくつかご紹介します。

  • 株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントは、残業時間の削減やテレワークの導入など、働き方改革に積極的に取り組んでいます。その結果、2020年度の離職率は、前年度の3.8%から1.8%にまで減少しました。

  • 株式会社リクルートホールディングス

株式会社リクルートホールディングスは、社員のスキルアップやキャリアアップを支援するための制度を充実させています。その結果、2020年度の離職率は、前年度の2.4%から1.9%にまで減少しました。

  • 株式会社ヤフー

株式会社ヤフーは、社員のモチベーションを高めるための取り組みを強化しています。その結果、2020年度の離職率は、前年度の2.9%から2.1%にまで減少しました。


これらの企業は、離職率を低下させるための対策を講じることで、離職率の減少と従業員の働きやすさの向上に成功しています。


 

ポイント

  • 離職率を低下させるためには、給与や待遇の改善、残業や休日出勤の削減、人間関係の改善、仕事内容の充実、キャリアアップの機会の提供などの対策を講じることが重要です。

  • 離職率を低下させるためには、企業の文化や風土を改善することも重要です。例えば、社員の意見や提案を積極的に反映する、社員の成長やキャリアアップを支援する、社員が気持ちよく働ける環境を整えるなどの取り組みが有効です。

  • 企業は、離職率を低下させることで、従業員の働きやすさの向上や生産性の向上、企業価値の向上につなげることができます。


 

離職防止ツール「マインドウェザー」の活用で、離職率を下げる


マインドウェザー

離職率の低下は、多くの企業にとって重要な課題です。離職率が高いと、採用コストや教育コストの増加、生産性の低下などの問題が生じます。

離職率を下げるために、企業はさまざまな取り組みを行っています。そのひとつが、離職防止ツールの活用です。


離職防止ツールとは、社員のモチベーションやストレスなどの心理状態を可視化したり、社員の声を収集したりするツールです。これらの情報を活用することで、離職の予兆を早期に発見し、適切な対策を講じることができます。


離職防止ツールには、さまざまな種類があります。その中でも、注目されているのが「マインドウェザー」です。


マインドウェザーの特徴


マインドウェザーの特徴

マインドウェザーは、LINEで従業員のモチベーション管理が手軽にでき、心の状態を天気図で見える化する離職防止サービスです。

マインドウェザーの特徴は、以下のとおりです。

  • 週に1回、社員にアンケートフォームが送付されます。

  • 社員は、自身の心理状態を天気で表したり、記述で会社や上司に対して要望や意見を伝えることができます。

  • マインドウェザーは、社員のエンゲージメントを高めるために設計されています。


マインドウェザーのメリット

マインドウェザーを導入することで、以下のメリットがあります。

  • 社員の心理状態を可視化することで、離職の予兆を早期に発見することができます。

  • 社員の声を収集することで、職場環境の改善につなげることができます。

  • マネージャーの育成に役立ちます。


マインドウェザーの導入方法

1ヶ月の無料トライアルを申し込むことができます。




マインドウェザーは、離職防止に効果的なツールです。社員の心理状態を可視化することで、離職の予兆を早期に発見し、職場環境の改善につなげることができます。

離職率の低下を図りたい企業は、マインドウェザーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。




Comments


離職防止にはマインドウェザー

logo_edited.png

社員の離職リスクを見える化し、
離職率低下できるサービスです。

MIND WEATHER TOP 1.png
bottom of page