top of page

MINDWEATHER BLOG

人事労務お役立ちブログ

  • 執筆者の写真シースリーレーヴ

「メンタルやばい」と感じたら?部下のメンタル不調の5つのサインと対応策

更新日:2023年11月29日


「メンタルやばい」と感じたら?部下のメンタル不調の5つのサインと対応策

1. はじめに

「メンタルやばい」と感じたら?メンタル不調の現状と重要性


「メンタルやばい」と感じたら?メンタル不調の現状と重要性

近年、職場におけるメンタルヘルスの問題が注目されています。コロナ禍などの社会的な変動が加速し、働き方や生活習慣が大きく変わる中、多くの人々がストレスや不安に悩まされています。労働者の53.3%が仕事や職業生活に対して強いストレスを感じるというデータがあり、企業にとってもこの問題は重要な課題となっています。

メンタル不調が進行すると、業務の生産性低下、休職、退職に至るケースも多く、早期発見と適切な対応が求められています。しかし、メンタルの不調は外見からはわかりにくく、周囲が気づくのが遅れることも珍しくありません。

この記事では、特に管理職やリーダーに向けて、部下のメンタル不調のサインについて解説します。サインを見抜くことができれば、メンタル不調の早期発見・早期対処が可能となり、休職や退職のリスクを防ぐことができます。

2. メンタル不調の5つのサイン


メンタル不調の5つのサイン

「メンタルやばい」と感じたら?

部下のメンタル不調を早期に察知するためには、日常的な変化に気づく眼を持つことが不可欠です。以下は、部下がメンタル不調である可能性を示す5つのサインです。

サイン1:業務態度の変化

部下が以前のように業務に取り組めず、モチベーションの低下が見られる場合、メンタル不調の兆候である可能性があります。

【具体例】

  • 遅刻・欠勤の増加

  • 業務への関心喪失

  • 仕事の質の低下


サイン2:感情の起伏

感情がコントロールできず、過剰な反応や感情の鈍化が見られる場合も警戒が必要です。

【具体例】

  • 怒りやすくなる

  • 無感情になる

  • 気分の変動が激しい

サイン3:体調の不調

心の健康が崩れると、身体的な不調としても現れることがあります。

【具体例】

  • 睡眠不足

  • 頻繁な頭痛

  • 消化器系のトラブル

サイン4:人間関係の変化

人間関係に対する態度の変化やコミュニケーションの減少も、メンタル不調のサインとなり得ます。

【具体例】

  • 同僚とのコミュニケーション減少

  • 孤立する傾向

  • 人付き合いを避ける

サイン5:業績の低下

業務の成果が急激に低下する際には、メンタルの問題が背後にあることも考えられます。

【具体例】

  • 業績が著しく低下

  • 改善への意欲がない

  • 仕事のミスが増える

これらのサインを見逃さないためにも、日常的なコミュニケーションと観察が重要です。次のセクションでは、これらのサインの背後にある原因について詳しく見ていきます。

4. 対応策と管理職の役割


対応策と管理職の役割

早期発見の重要性

定期的な面談:部下との面談を月に一度は行うようにしましょう。その際、仕事の進捗だけでなく、個人的な気持ちや生活状況についても話を聞くことが大切です。

オープンなコミュニケーション:部下が感じていることを自由に話せる環境を作ることが重要です。具体的には、定期的なフィードバックの提供や、部下の意見や懸念を受け入れる文化を醸成します。

適切なコミュニケーションの取り方

共感の表現:部下の感じていることに対し、理解を示し、共感する態度を持つことが重要です。具体的には、「大変な状況だね」といった言葉をかけることで、部下の気持ちを認知し、理解していることを示します。

プライバシーの尊重:個人的な事情に触れる際は、部下のプライバシーを尊重し、適切な質問を心掛けます。また、部下から信頼されるリーダーであることを示すためにも、個人的な情報は厳守することが必要です。

専門家への相談

企業のメンタルヘルスサポート:企業が提供するメンタルヘルスのサポート体制を利用することも一つの選択肢です。社内のカウンセラーやEAP(従業員支援プログラム)の利用を促すことで、部下のメンタルヘルスのケアをサポートできます。

外部の専門家への紹介:必要であれば、心理カウンセラーやメンタルヘルスの専門家へ部下を紹介します。この際、部下の意志を尊重し、プライバシーを保護することが重要です。

健康管理システムの活用

健康診断のフォローアップ:定期的な健康診断の結果をもとに、部下の健康状態を確認し、必要であればサポートを提供します。特に、ストレスチェックの結果はメンタルヘルスの管理に役立ちます。

メンタルヘルス研修:部下だけでなく、管理職自身もメンタルヘルスの研修を受けることを推奨します。これにより、メンタル不調の早期発見や適切な対応、そして職場環境改善に役立ちます。

5. まとめ

メンタルケアの持続的な取り組み

部下のメンタルヘルスのケアは、一度きりの取り組みではなく、持続的な努力が求められます。管理職として、部下とのコミュニケーションを深め、信頼関係を築くことで、サインを早期に察知し、適切な対応が可能になります。

この記事では、部下のメンタル不調の5つのサイン、それらの背後にある原因、そして対応策と管理職の役割について詳細に解説しました。メンタルヘルスの問題は個人の問題だけでなく、チーム全体、そして企業全体の生産性にも影響を及ぼします。

管理職が前向きに取り組むことで、部下一人一人の働きやすい環境を整え、健全な職場文化を築くことができるでしょう。最後に、メンタルヘルスケアは全ての階層で取り組むべき共通のテーマであることを忘れずに、日々の業務に活かしていただければと思います。


離職率を下げるならマインドウェザー


マインドウェザー

マインドウェザーは、LINEを通じて従業員のコンディション変化を把握し、離職率の低下と従業員の定着率の向上をサポートします。従業員の気持ちやエンゲージメントを天気で表現し、職場の不満やストレスを可視化することで、改善策を見つけ出すことができます。

このツールの特徴としては、簡単な導入と高い返答率が挙げられます。メールアドレスが不要で、社員番号と生年月日の入力だけで導入が可能です。また、週一の質問や上司のフォローアップ機能など、従業員の声に敏感に反応し、早期に問題を解決する仕組みが整っています。

さらに、匿名での意見投稿やコミュニティ運用も行われており、従業員同士の情報交換やサポート体制の構築により、組織全体の離職率低下に向けた取り組みが行われます。

マインドウェザーは、組織の離職率低下と従業員の定着率向上を実現するための有力なツールです。ぜひ、マインドウェザーを導入し、従業員の声を聴き、職場環境の改善に取り組んでみてください。組織と従業員の共に成長し、持続的な成功を達成するために、マインドウェザーが離職率低下のお手伝いを致します。

料金と導入から開始までの流れ

料金は基本料金プラス必要なオプション費のシンプル! 今なら1ヶ月無料お試しもできます


マインドウェザー料金プラン

開始まで約1週間!すぐに始められます。

マインドウェザー導入ステップ

マインドウェザーお問い合わせ

マインドウェザー資料ダウンロード


Comments


離職防止にはマインドウェザー

logo_edited.png

社員の離職リスクを見える化し、
離職率低下できるサービスです。

MIND WEATHER TOP 1.png
bottom of page