top of page

MINDWEATHER BLOG

人事労務お役立ちブログ

  • 執筆者の写真シースリーレーヴ

離職率が高い会社の特徴とは?

更新日:2023年11月29日


離職率が高い会社の特徴とは?

離職率が高い会社 の特徴とは?

離職率が高い会社の特徴とは?

さまざまな視点から離職率が高い原因を徹底追求!短期的、長期的な改善策をご紹介します。

離職率が高い会社 の背後にはさまざまな経営上の課題を抱えている可能性が高いです。近年、多くの企業が人材の確保や定着に苦労しています。新たな人材を獲得するための採用活動は、時として高額なコストがかかるだけでなく、それに成功したとしても新たな社員がすぐに辞めてしまうことは企業にとって大きな損失となります。

離職率が高いというのは、ある一定の期間内に組織や企業を退職した従業員の数が多いことを示しています。この離職率の高さは、企業の経営や働き方、職場環境などの問題を示唆しています。従業員が企業を離れる理由は多岐にわたりますが、その中には企業が直接的に改善できる要因も多く含まれています。これらの要因に取り組むことで、企業は離職率を下げるだけでなく、従業員の満足度や生産性を向上させることができます。

本記事では、離職率が高い会社に共通する特徴と、それを改善するための具体的な策を徹底的に解説します。これを機に、あなたの会社の離職率を下げ、より良い経営環境を築くための手助けとしていただければ幸いです。



離職率とは?

離職率とは、ある一定の期間内に組織や企業を退職した従業員の数を、その期間開始時点の従業員の数で割ったものです。これにより、企業の人材の流出の度合いや、経営状況を示す指標として利用されます。

定義と計算方法

実際に離職率とはどのようにして出すのでしょうか?離職率の計算式をご紹介します。

離職率(%)=(期間中の退職者数期間開始時の従業員数)×100離職率(%)=(期間開始時の従業員数期間中の退職者数​)×100

例えば、年間で10名の従業員が退職し、年初の従業員数が100名だった場合、離職率は10%となります。

業界別の離職率とその傾向

離職率は業界や職種によって大きく異なります。例えば、IT業界や流通業界では比較的高い離職率が報告されることが多いです。これは、技術の進化や市場の変動により、従業員が新しいスキルや知識を求め、転職を選択することが多いためです。

一方、公務員や教育関連の職種では、安定性や福利厚生が魅力となり、離職率が低い傾向にあります。


離職率が高い会社の4つの特徴


離職率が高い会社の4つの特徴

離職率が高い会社には、多くの共通の特徴や問題点があります。まずは、4つの特徴にわけてご紹介し、その後さまざまな方面から離職率の高さの原因を徹底解説していきます。

  1. 評価制度の不透明さ

    • 従業員は自分の業績や成果がどのように評価されているのか、明確に理解することが難しい場合が多い。

    • 不公平な評価や昇進の機会の不平等は、従業員のモチベーションを低下させる原因となります。


  1. 人間関係の問題

    • 企業内のコミュニケーションが不十分であるか、職場の雰囲気が悪いと、従業員のストレスが増大します。

    • 人間関係のトラブルは、離職の主な理由として挙げられることが多いです。


  1. 労働環境や条件の悪さ

    • 長時間労働や過度な業務量、不適切な労働条件は、従業員の健康やワークライフバランスを損ないます。

    • 良い労働環境は、従業員の満足度や生産性を向上させる要因となります。


  1. キャリアの展望が見えない

    • 明確なキャリアプランや成長の機会が提供されていない場合、従業員は自分の未来を企業内で見つけることが難しくなります。

    • 進行方向や目標が明確でないと、従業員のエンゲージメントやコミットメントが低下します。



離職率が下がるとどのような悪影響が?

離職率が下がるとどのような悪影響が出るのでしょうか。一番影響を受けるのは経営です。。まず、新たな人材の採用コストが増加します。従業員が頻繁に退職すると、その都度新しい採用活動を行う必要があり、これには広告コストや面接の時間、トレーニングコストなどがかかります。

離職率が高い会社の外的悪影響としては、企業のブランドイメージが損なわれ、良い人材を引き寄せにくくなります。企業が人材を確保できないと、競争力が低下し、ビジネスの成長が妨げられます。さらに、従業員の離職が多いと、社内の人間関係が不安定になり、チームの士気や生産性が低下します。これにより、企業の業績にも悪影響を及ぼします。

離職率が高い会社の内的悪影響としては、残された従業員の負担が増加します。退職した従業員の仕事が残り、他の従業員がその負担を引き受けることが多くなります。これにより、従業員のストレスが増加し、更なる離職を引き起こすことがあります。

以上のように、離職率が高い会社 では、経営に様々な悪影響が及びます。そのため、離職率の低減は、企業の健全な成長と発展のために重要です。


離職率が高い会社の具体例


離職率が高い会社の具体例

  1. 低い給与

    • 他の同業他社に比べて給与が低い企業は、従業員の不満が高まり、離職率が高くなります。

    • 例: 一部の小売業や飲食業など、従業員の給与が低い傾向にある業界では、離職率が高くなりがちです。


  1. 長時間労働

    • 長時間労働が常態化している企業は、従業員のストレスが高まり、離職率が高くなります。

    • 例: コンサルティング業界や投資銀行など、長時間労働が一般的な業界では、離職率が高くなりがちです。


  1. 不十分な福利厚生

    • 福利厚生が不十分な企業は、従業員の満足度が低く、離職率が高くなります。

    • 例: 一部の中小企業やベンチャー企業など、福利厚生が不十分な企業では、離職率が高くなりがちです。


  1. 悪い経営環境

    • 経営環境が悪化すると、従業員の士気が低下し、離職率が高くなります。

    • 例: 経営不振や経営者のスキャンダルなど、企業のイメージが低下した場合、離職率が高くなりがちです。


  1. キャリアの先行きが不透明

    • キャリアの先行きが不透明な企業は、従業員のモチベーションが低下し、離職率が高くなります。

    • 例: 将来のビジョンが明確でない、昇進のチャンスが限られているなど、キャリアの先行きが不透明な企業では、離職率が高くなりがちです。


これらの具体例を見て分かるように、離職率が高い会社 にはさまざまな特徴があります。企業は、自社の特性や状況に合わせた対策を実施することで、離職率を低減し、従業員の満足度やエンゲージメントを向上させることができます。


ここからは、各方面から離職率が高い会社の要因を解説していきます。

離職率が高い会社 〜社内文化編〜


離職率が高い会社 〜社内文化編〜

離職率が高い会社には、往々にして特定の社内文化が存在します。これらの社内文化は、従業員の満足度を低くし、離職率を上げる要因となります。以下に、離職率が高い会社に見られる社内文化の特徴を紹介します。

  1. トップダウン型の経営体制

    • トップダウン型の経営体制では、上層部の意向が一方的に下層部に伝えられ、従業員の意見があまり尊重されません。これにより、従業員のモチベーションが低下し、離職率が高くなります。


  1. 不適切な評価制度

    • 従業員の業績を適切に評価できない評価制度が存在すると、従業員が不満を抱き、離職率が上がります。


  1. コミュニケーションの不足

    • コミュニケーションが不足している会社では、従業員が自分の意見を伝えにくく、離職率が高くなります。


  1. 過度な競争文化

    • 過度な競争文化が根付いている会社では、従業員同士が互いに競い合うことが奨励され、協力的な関係が築かれにくくなります。これにより、従業員のストレスが増加し、離職率が高くなります。


  1. 高いワークロード

    • 過度な仕事量が従業員に押し付けられる会社では、従業員のストレスが増加し、離職率が高くなります。


  1. 適切なトレーニングの不足

    • 新入社員が適切なトレーニングを受けられない会社では、従業員が自分の業務に自信を持てなくなり、離職率が上がります。


これらの社内文化の特徴を改善することで、離職率を低減させることができます。具体的には、トップダウン型の経営体制を改善し、従業員の意見を尊重すること、評価制度を適切に設定すること、コミュニケーションを活性化させることが有効です。


離職率が高い会社 〜リーダーシップ編〜


離職率が高い会社 〜リーダーシップ編〜

リーダーシップは、従業員のモチベーションや満足度、そして離職率に大きな影響を与えます。特に、離職率が高い会社では、リーダーシップのあり方が離職率をさらに上げる要因となることがあります。以下に、離職率が高い会社でのリーダーシップの特徴を紹介します。

  1. 指示型のリーダーシップ

    • トップダウン型の経営体制では、上司が一方的に指示を出し、部下がそれに従うという関係が成立します。これにより、従業員が自分の意見を伝えにくくなり、離職率が高くなります。


  1. 不適切な評価制度

    • 従業員の業績を適切に評価できない評価制度が存在すると、従業員が不満を抱き、離職率が上がります。


  1. コミュニケーションの不足

    • コミュニケーションが不足している会社では、従業員が自分の意見を伝えにくく、離職率が高くなります。


  1. 過度な競争文化

    • 過度な競争文化が根付いている会社では、従業員同士が互いに競い合うことが奨励され、協力的な関係が築かれにくくなります。これにより、従業員のストレスが増加し、離職率が高くなります。


  1. 高いワークロード

    • 過度な仕事量が従業員に押し付けられる会社では、従業員のストレスが増加し、離職率が高くなります。


  1. 適切なトレーニングの不足

    • 新入社員が適切なトレーニングを受けられない会社では、従業員が自分の業務に自信を持てなくなり、離職率が上がります。


  1. 適切なフィードバックの不足

    • リーダーが従業員に対して適切なフィードバックを提供しない場合、従業員は自分がどのように業績を向上させるべきかわからなくなり、モチベーションが低下し、離職率が高くなります。


  1. 信頼の欠如

    • リーダーが従業員を信頼しない場合、従業員もリーダーを信頼しなくなり、チームの一体感が低下し、離職率が高くなります。


  1. リーダーのビジョンが不明確

    • リーダーのビジョンが不明確な場合、従業員は自分たちの仕事の目的を理解しにくくなり、離職率が高くなります。


これらのリーダーシップの特徴を改善することで、離職率を低減させることができます。具体的には、指示型のリーダーシップを改善し、従業員の自主性を尊重すること、評価制度を適切に設定すること、コミュニケーションを活性化させることが有効です。


離職率が高い会社 〜人事戦略編〜


離職率が高い会社 〜人事戦略編〜

離職率が高い会社の人事戦略は、従業員のモチベーションや満足度を低くし、離職率をさらに高くする可能性があります。以下に、離職率が高い会社の人事戦略の特徴を紹介します。

  1. 採用のミスマッチ

    • 離職率が高い会社では、採用のミスマッチが生じやすいです。会社のビジョンやカルチャーに合わない従業員が採用されると、従業員が自分の場所を見つけられず、離職率が高くなります。


  1. 不適切な評価制度

    • 不適切な評価制度が存在すると、従業員が公平に評価されていないと感じ、離職率が上がります。


  1. 昇進の機会の不足

    • 昇進の機会が少ないと、従業員がキャリアアップの機会を求めて他社に転職する可能性があります。


  1. 報酬制度の不適切さ

    • 離職率が高い会社では、報酬制度が不適切で、従業員の業績が公正に評価されていない場合があります。適切な報酬が提供されないと、従業員が他社に転職する可能性があります。


これらの人事戦略の特徴を改善することで、離職率を低減させることができます。具体的には、採用のミスマッチを減らすために、会社のビジョンやカルチャーに合った従業員を採用すること、評価制度を公平に設定すること、昇進の機会を提供すること、適切な報酬制度を設定することが有効です。



離職率が高い会社 〜ワークライフバランス編〜


離職率が高い会社 〜ワークライフバランス編〜

離職率が高い会社では、従業員のワークライフバランスが乱れている可能性があります。ワークライフバランスが乱れると、従業員のストレスが増加し、仕事への満足度が低下し、最終的には離職率が上がることがあります。

  1. 長時間労働

    • 離職率が高い会社では、従業員が長時間労働を強いられることがあります。


  1. 休暇の取得が難しい

    • 離職率が高い会社では、従業員が休暇を取得することが難しい場合があります。


  1. 仕事とプライベートの境界の曖昧さ

    • 離職率が高い会社では、従業員が仕事とプライベートの境界を保ちづらいことがあります。


  1. 家庭との両立が難しい

    • 離職率が高い会社では、従業員が家庭との両立が難しい場合があります。



離職率が高い会社 〜チームワーク編〜


離職率が高い会社 〜チームワーク編〜

チームワークが不足している会社では、従業員が孤立したり、チーム内でのコミュニケーションが不足することがあります。チームワークが不足すると、従業員が他のチームメンバーと協力しづらくなり、離職率が上がることがあります。

  1. 情報の非公開

    • 離職率が高い会社では、情報が非公開にされ、従業員間での情報共有が不足することがあります。


  1. 協力の不足

    • 離職率が高い会社では、従業員間の協力が不足することがあります。


  1. チームの役割の不明確さ

    • 離職率が高い会社では、チームの役割が不明確で、従業員が自分の役割を理解しづらいことがあります。


  1. チーム内の対立

    • 離職率が高い会社では、チーム内の対立が多く、従業員がストレスを感じることがあります。



離職率が高い会社 〜トレーニングと教育編〜


離職率が高い会社 〜トレーニングと教育編〜

離職率が高い会社では、従業員のトレーニングと教育が不足していることがある。従業員が適切なトレーニングと教育を受けられないと、スキルの向上が難しく、仕事に対する満足度が低下し、最終的には離職率が上がることがあります。

  1. 新入社員のオンボーディングの不足

    • 離職率が高い会社では、新入社員のオンボーディングが不足していることがある。


  1. スキル向上のためのトレーニングの不足

    • 離職率が高い会社では、従業員がスキルを向上させるためのトレーニングを受けられないことがある。


  1. キャリアアップのための教育の不足

    • 離職率が高い会社では、従業員がキャリアアップのための教育を受けられないことがある。


  1. 外部のトレーニングへの参加が難しい

    • 離職率が高い会社では、従業員が外部のトレーニングへの参加が難しいことがある。


これらの問題を解決するためには、新入社員に対する適切なオンボーディングを行い、従業員のスキル向上のためのトレーニングを提供し、キャリアアップのための教育を行い、外部のトレーニングへの参加を奨励することが重要です。


ここまではさまざまな方面から離職率が高い会社の要因を解説してきました。ここからは実際の対策や改善策をご紹介いたします。


離職率が高い会社 への短期的対策と長期的戦略

離職率が高い会社は、短期的な対策と長期的な戦略を組み合わせることで、効果的に離職率を下げることができます。ここでは、それぞれの対策と戦略を詳しく解説します。

離職率を下げるための短期的な対策

  1. 従業員の声を聞く

    • 従業員の不満や悩みを聞き、すぐに対応することが重要です。

    • 例: 定期的な1対1の面談やアンケートを行うことで、従業員の意見を収集します。


  1. 離職防止ツールを使う

    • 離職防止ツールを使うことで、従業員の満足度などを定期的にアンケートし、不満や悩みにいち早く気づくことができます。

    • 例: 「マインドウェザー」というツールを使用して、従業員の満足度を定期的に確認し、必要に応じて改善策を実施します。


  1. 報酬の見直し

    • 報酬が適切であるかを見直し、必要であれば調整することで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: 市場調査を行い、他社の給与水準と比較し、自社の給与水準を見直します。


  1. 社員のエンゲージメントの向上

    • 企業のビジョンや価値観を従業員に共有し、エンゲージメントを高めることが重要です。

    • 例: 定期的なタウンホールミーティングを開催し、経営陣が直接従業員にビジョンや方針を伝えます。


  1. メンターやブラザーシスター制度の活用

    • 新入社員へのサポートを強化し、適応をスムーズに進めるために、メンターやブラザーシスター制度を活用します。

    • 例: 新入社員一人一人にシニア社員をメンターとしてつけ、業務や企業文化についての指導を行います。


  1. 採用のミスマッチを減らす

    • 採用時に求めるスキルや経験、企業文化への適合性を明確にし、ミスマッチを減らします。

    • 例: 採用面接時に、業務に必要なスキルや企業文化に合った性格を持った候補者を選ぶための評価基準を設定します。


長期的な視点での離職率低減の戦略

  1. 組織文化の構築

    • 企業の組織文化や価値観を明確にし、それを従業員に浸透させます。

    • 例: 社員全員で企業のビジョンやミッションを共有し、月次の全社会議で業績や成功事例を共有します。


  1. キャリア形成のサポート

    • 従業員のキャリア形成をサポートし、将来の展望を持たせます。

    • 例: 定期的にキャリアカウンセリングを行い、従業員の成長や昇進のためのサポートを提供します。


  1. 福利厚生の充実

    • 福利厚生の充実は、従業員の離職を防ぐための有効な手段です。

    • 例: 従業員の健康や福祉をサポートするために、無料の健康診断、フィットネスジムの利用補助、子供の保育施設の提供などの福利厚生を実施します。


  1. 給与体系の透明化

    • 給与体系を透明化し、従業員の業績や貢献に応じた評価・報酬を行います。

    • 例: 従業員の年次評価や業績に基づいた給与体系を導入し、社内で公開することで、報酬の透明性を確保します。


  1. リーダーシップの強化

    • マネージャーやリーダーのリーダーシップを強化し、従業員へのサポートやコミュニケーション能力を向上させます。

    • 例: マネージャーやリーダー向けのリーダーシップ研修を定期的に実施し、従業員とのコミュニケーション能力やサポート力を向上させます。



改善策例:従業員の満足度を向上させるための方法


従業員の満足度を向上させるための方法

離職率が高い会社は、従業員の満足度が高いという特徴があります。従業員の満足度が高いと、会社へのロイヤルティが高まり、離職率が低減します。以下に、従業員の満足度を向上させるための方法を詳しく解説します。

  1. 従業員の声を尊重する

    • 従業員の意見や提案を尊重し、実行に移すことで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: 定期的な社内アンケートや意見箱を設置し、従業員からの意見を収集し、実際に取り入れます。


  1. 適切な報酬を提供する

    • 適切な報酬を提供することで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: 業績に応じた報酬や、成果報酬制度を導入することで、従業員のモチベーションを向上させます。


  1. 福利厚生を充実させる

    • 福利厚生を充実させることで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: 保養施設の提供、健康診断の実施、フィットネスクラブの利用補助など、従業員の健康や福祉をサポートする福利厚生を提供します。


  1. キャリアのサポートを行う

    • 従業員のキャリアをサポートすることで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: 社内研修の提供、専門家によるキャリアカウンセリングの実施、社外セミナーへの参加補助など、従業員のキャリア形成をサポートする活動を行います。


  1. 社内コミュニケーションを活性化する

    • 社内コミュニケーションを活性化することで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: 定期的な社内イベントの開催、社内SNSの導入、ランチタイムの交流会など、社内コミュニケーションを活性化させる取り組みを行います。


これらの方法を実施することで、離職率が高い会社 でも、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。従業員の満足度が高い企業は、生産性が向上し、企業の成長を促進します。


改善策例:適切な採用とオンボーディングの重要性


適切な採用とオンボーディングの重要性

適切な採用とオンボーディングは、従業員の満足度を向上させ、離職率を低減するために非常に重要です。採用時に適切な人材を選び、新入社員がスムーズに組織に適応できるようにサポートすることで、従業員の満足度が向上し、長期的に働き続けることが可能になります。以下に、適切な採用とオンボーディングの重要性を詳しく解説します。

  1. 新入社員の適応をサポートする

    • 新入社員がスムーズに組織に適応できるようにサポートすることで、従業員の満足度が向上します。

    • 例: オリエンテーションや新入社員研修を実施し、新入社員が組織の文化や業務内容を理解できるようにサポートします。


  1. 効果的なオンボーディングを行う

    • 効果的なオンボーディングを行うことで、新入社員の適応を促進し、従業員の満足度が向上します。

    • 例: メンター制度を導入し、新入社員が業務に慣れるまでのサポートを行います。


  1. 新入社員の研修を充実させる

    • 新入社員の研修を充実させることで、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。

    • 例: 新入社員向けの業務スキル研修やビジネスマナー研修を実施し、新入社員の業務遂行能力を向上させます。


これらの方法を実施することで、適切な採用とオンボーディングが行われ、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。適切な採用とオンボーディングは、企業の競争力や生産性を向上させ、企業の成長を促進します。


改善策例:効果的なコミュニケーションの取り組み


効果的なコミュニケーションの取り組み

効果的なコミュニケーションは、従業員の満足度を向上させ、離職率を低減するために非常に重要です。従業員同士や上下関係の間でスムーズなコミュニケーションが行われることで、従業員のストレスが軽減され、職場の雰囲気が向上します。以下に、効果的なコミュニケーションの取り組みを詳しく解説します。

  1. 定期的なミーティングを行う

    • 定期的なミーティングを行うことで、従業員間のコミュニケーションが活発化し、情報が共有されます。

    • 例: 週次ミーティングや月次ミーティングを行い、業務上の進捗や課題を共有します。


  1. フィードバックを活用する

    • 上司からのフィードバックや従業員同士のフィードバックを活用することで、業務の改善や人間関係の向上が囄まります。

    • 例: 定期的な1対1のミーティングを行い、フィードバックを受け取り、改善点を共有します。


  1. オープンな職場環境を作る

    • オープンな職場環境を作ることで、従業員が自由に意見を交換し、コミュニケーションが活発化します。

    • 例: オフィスのレイアウトをオープンプランにすることで、従業員同士のコミュニケーションがしやすくなります。


  1. 社内イベントを開催する

    • 社内イベントを開催することで、従業員同士の交流が深まり、コミュニケーションが活発化します。

    • 例: 社員旅行や忘年会、新年会などの社内イベントを開催し、従業員同士の交流を促進します。


これらの取り組みを実施することで、効果的なコミュニケーションが行われ、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。効果的なコミュニケーションは、企業の競争力や生産性を向上させ、企業の成長を促進します。


改善策例:福利厚生や報酬制度の見直し


福利厚生や報酬制度の見直し

福利厚生や報酬制度の見直しは、従業員の満足度を向上させ、離職率を低減するために非常に重要です。福利厚生が充実していると、従業員のモチベーションが向上し、長期的に働き続けることが可能になります。報酬制度を適切に設定することで、従業員の成果を適切に評価し、報酬を与えることができます。以下に、福利厚生や報酬制度の見直しについて詳しく解説します。

  1. 福利厚生の充実

    • 福利厚生を充実させることで、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。

    • 例: 保養施設の利用補助、健康診断の実施、フィットネスクラブの利用補助など、従業員の健康や福祉をサポートする福利厚生を提供します。


  1. 報酬制度の見直し

    • 報酬制度を見直すことで、従業員の業績を適切に評価し、報酬を与えることができます。

    • 例: 成果報酬制度や業績連動型の報酬制度を導入し、従業員の業績に応じた報酬を与えます。


  1. ワークライフバランスのサポート

    • ワークライフバランスをサポートすることで、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。

    • 例: フレックスタイム制度の導入やリモートワークの導入、有給休暇の取得を奨励することで、従業員のワークライフバランスをサポートします。


これらの取り組みを実施することで、福利厚生や報酬制度が適切に設定され、従業員の満足度が向上し、離職率が低減します。福利厚生や報酬制度の見直しは、企業の競争力や生産性を向上させ、企業の成長を促進します。


離職率が高い会社にならないためには?

これまで、離職率が高い会社のさまざまな要因から、離職率を下げるための方法や改善策を多く紹介してきました。福利厚生の充実、報酬制度の見直し、社内コミュニケーションの活性化など、離職率を低減させるための取り組みは数多くあります。しかし、これらの取り組みをすべて実施しても、離職率が高い会社になってしまうことはあります。

離職率が高い会社にならないための最も重要なポイントは、従業員一人ひとりを大切にすることです。従業員の声を真摯に聞き、その意見や提案を実行に移すことで、従業員の満足度を高め、離職率を低減させることができます。

報酬や福利厚生を適切に設定し、従業員の業績を適切に評価することも重要です。従業員が自分の業績が正当に評価されていると感じることで、モチベーションを向上させることができます。

社内コミュニケーションを活性化させることで、従業員同士の連携を促進し、職場の雰囲気を向上させることができます。従業員が互いに支え合い、一体感を持つことで、離職率を低減させることができます。

これらの取り組みを通じて、従業員の満足度を高め、モチベーションを向上させることができます。離職率が高い会社にならないためには、これらの取り組みを継続的に行うことが重要です。                   


まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。離職率が高い会社 の原因をさまざまな視点から見て参りましたがいかがでしたでしょうか?当てはまる項目があった場合は今一度社内の状況を振り返り、離職率を低減させるための取り組みを行なっていきましょう。

企業の競争力を高め、生産性を向上させるためにも、離職率を低減させる取り組みを継続的に行うことが重要です。離職率が低減することで、従業員が安心して働き続けることができ、企業の成長を支えることができます。


離職率を下げるならマインドウェザー


マインドウェザー

マインドウェザーは、LINEを通じて従業員のコンディション変化を把握し、離職率の低下と従業員の定着率の向上をサポートします。従業員の気持ちやエンゲージメントを天気で表現し、職場の不満やストレスを可視化することで、改善策を見つけ出すことができます。

このツールの特徴としては、簡単な導入と高い返答率が挙げられます。メールアドレスが不要で、社員番号と生年月日の入力だけで導入が可能です。また、週一の質問や上司のフォローアップ機能など、従業員の声に敏感に反応し、早期に問題を解決する仕組みが整っています。

さらに、匿名での意見投稿やコミュニティ運用も行われており、従業員同士の情報交換やサポート体制の構築により、組織全体の離職率低下に向けた取り組みが行われます。

マインドウェザーは、組織の離職率低下と従業員の定着率向上を実現するための有力なツールです。ぜひ、マインドウェザーを導入し、従業員の声を聴き、職場環境の改善に取り組んでみてください。組織と従業員の共に成長し、持続的な成功を達成するために、マインドウェザーが離職率低下のお手伝いを致します。

料金と導入から開始までの流れ

料金は基本料金プラス必要なオプション費のシンプル! 今なら1ヶ月無料お試しもできます


マインドウェザー料金プラン

開始まで約1週間!すぐに始められます。

マインドウェザー導入ステップ

マインドウェザーお問い合わせ

マインドウェザー資料ダウンロード

Comments


離職防止にはマインドウェザー

logo_edited.png

社員の離職リスクを見える化し、
離職率低下できるサービスです。

MIND WEATHER TOP 1.png
bottom of page